Blog&column
ブログ・コラム

トリミングでありがちな失敗とは?

query_builder 2021/02/23
コラム
animalsnature-dog-dogs-pet
トリミングでありがちな失敗にはどんなことがあるのでしょうか。
詳しく解説していきます。

▼トリミングでありがちな失敗
トリミングに慣れていない方はもちろん、慣れている方でも気を抜くと思わぬ失敗を招きます。
具体的な失敗例を見ていきましょう。

■カットのしすぎ
よくあるのがカットのしすぎです。
カットは少しずつ行うことがポイントと言えます。
一気にまとめて切ろうとして、切りすぎた!となったときにはもう遅いのです。
左右や全体のバランスを見ながら、慎重にカットしていくことが大切になります。

■バリカンの替え刃の交換忘れ
バリカンの替え刃の交換を忘れると、切りすぎに繋がることがあります。
特にサマーカットなどで短く刈り込んだ後のバリカンは要注意です。
そのまま替え刃を交換せず次のトリミングに使ってしまうと、こんなに切る予定じゃなかった…となりかねません。
必ず使用前には刃のサイズを確認するようにしましょう。

■仕上がりがアンバランスになる
トリミングの最中にペットが動いたり逃げ出したりすると、仕上がりが中途半端になることがあります。
慣れていない方は特に、トリミング台を使うなどしてカットしやすい環境を整えると良いでしょう。
またペットが動いた時も、怪我をさせないように慌てずに対応することが重要になります。

▼まとめ
トリミングは慣れている方もそうでない方も、ついうっかりといったミスが起きやすいものです。
カットは少しずつ慎重に行い、扱う道具も使用前にきちんとチェックすることで失敗を防ぐことができるでしょう。

NEW

  • 雨模様

    query_builder 2021/03/01
  • たくましくなりました。

    query_builder 2021/02/26
  • おぉー!!

    query_builder 2021/02/25
  • WAN'Sの春の嵐!!

    query_builder 2021/02/23
  • WAN'Sタイム

    query_builder 2021/02/22

CATEGORY

ARCHIVE